GIRLS REVUE

鈴木絢音


遅くなってしまいましたが、『GIRLS REVUE』について書こうと思います。

GIRLS REVUE のお話をいただいたのは、稽古が始まる数日前のことで、状況が掴めないまま稽古が始まりました。

台本をいただき、4人で配役を予想をしていたのですが、実はその的中率、とても高かったのです。
稽古が始まり、3人がそれぞれの役を演じているのを見て、どれも納得の配役で、私にはできなかったなと思いました。

私は怪盗ネヴィルと大正の小説家の直彦、火星人のサニテスを演じさせていただいたのですが、3人ともとても難しかった。
全然しっくりこないの。本当に悩まされました。

初日からクオリティーの高いものをお届けしたかったのですが、私の力不足でごめんなさい、間に合いませんでした。
でも、毎公演、全力を尽くし、試行錯誤する毎日も楽しかったので、後悔はないです。

東京初日と大阪千穐楽を観に来てくださったスタッフさんに、初日と千穐楽はまるで別人だったと言っていただき、とても嬉しかったけれど、また舞台をやらせていただく時は今回の千穐楽のクオリティーで初日を迎えられるようにしたいと思いました。


そして、2年前の舞台『墓場、女子高生』でご一緒させていただきました、能條愛未さん、樋口日奈さん、伊藤純奈ちゃんと再び舞台に立てたこと、とても嬉しかったです。
3人にはたくさん甘えさせてもらいました。
お家紹介の動画を送りあったりと、ぐっと距離が縮まった気がします。
本番直前までぎゅっとなってお喋りしているのに、食事に行ってもお喋りが止まらないの。
楽しかったなあ。ありがとう。

そんな3人はもちろん、共演させていただいたキャストの皆様、スタッフの皆様、本当に素敵な方ばかりでした。
稽古期間、そして本番期間、たくさんご迷惑をおかけしましてしまったこと、本当に申し訳なく思っています。
力を貸していただき、助けていただき、本当にありがとうございました。
またどこかでご一緒できるように、頑張ります。

そして、劇場にお越しくださった皆様、ありがとうございました。
GIRLS REVUEの素敵な台本、素敵な楽曲は映像や音源として残りません。
作品に込められたメッセージが観に来てくださった皆様の心に残り、生き続けることを願っています。

たくさんの応援をありがとうございました。





そして『ナナマル サンバツ THE QUIZ STAGE ROUND2』への出演が決定しました。
前回に引き続き、深見真理役を務めさせていただきます。

今回は乃木坂46から3期生の阪口珠美ちゃん 向井葉月ちゃん 吉田綾乃クリスティーちゃんの3人も出演します。
舞台上で3人とどのように関わることができるのか、とても楽しみです。
一緒に頑張ろうね。

観に来ていただけたら嬉しいです。
よろしくお願いいたします。