赤と青

山崎怜奈



乃木坂工事中、新年回の収録日のこと。


赤のお着物に 黒の帯が用意されていて
え!あか!!!と予想外の出来事に
些か心配していたのですが、


いつもお世話になっている衣装さんたちが

絶対大丈夫!!!
ザキさん赤似合うから!!!
赤っぽい顔してるから!!!と言って
送り出してくれました。



わかった!ありがとうがんばります!
って言って衣装部屋を出てきたけど、


いや、今思えば
赤っぽい顔ってどんなじゃ。



そして、その足で
メイクさんのところへ向かうと
先に未央奈がヘアをやって貰っていたので
隣に座ってその様子を眺めながら
おしゃべりしていたら、


そのまま私のお化粧は
未央奈がやってくれました。笑


みおやってー。

いいよやってあげる ハイこっち向いて と。
サッサッサ、オッケーどう?って。
手付きが慣れていらっしゃる、流石です。


蘭世にも、
あ、いつもと違うじゃん。良き良き。と
マルの評価を頂戴しました。



というわけで、
自分でメイクする時より
リップとチークの発色が良い山崎が
乃木中にいると思います。











少し話が遠回りしますが、

飛鳥ちゃんの情熱大陸にて
リハの休憩中に隅っこにいるところが
チラッと映り込んでいるのを
見つけたファンの方に
個別握手会で言われて、

でも昔からいろんな所の隅っこが
好きだからなぁと。
広すぎる部屋とか 電車の座席の真ん中とか
落ち着きません。



よく会う方、長電話しちゃう方、
久しぶりでもずっと話していられる方
などなど
いつも本当に沢山の大好きな友人たちに
お世話になっているし
それこそ この前のアンダーライブも
いろんな友人が見に来てくれていました。


そんなみんなが居なかったら
出会えていなかったら
今の私は無いし、下手したら乃木坂も
とっくに辞めているだろうなってくらい
凄く大切なんです。


勿論ファンの方々のためだったり
両親のためだったりも有りますが、

近かれ遠かれ ずっとこれまでの活動を
見てくれている友人たちが
怜奈に選抜に入ってほしいと
本気で思ってると言ってくれることが、

いまの乃木坂46で
私が頑張れる理由のうちの
一つだったりもします。



ですが、
元来一人の時間も大事にする人間なので
ずっと誰かの側に
くっついていたりする関係は作れないし、
初期はそんな自分でも
このグループでやっていけるのだろうかと
不安に思っていた時期もありましたが、


気づいたら仕事現場で
しれっと近くにいるのは同期かな。


口に出したり行動に示したりは
然程しないけれど
本当は示した方が良いのは分かっていて、
その上で私は不器用だから
それをするのが下手。
なので今更たくさんはできません。

ですが、同期全員が 何かしらの形で
どうにか幸せになって欲しいなと
いつも心底願っています。笑




しかし、みんな本当に流石の
着物が似合う女子。

全員それぞれ似合っていて華やかで
総括してとても綺麗だったけれど、
絢音の着物姿が一番好きです。








あ、北野さん写真集見ました。


いつだったかな?

ブルーの表紙のほうが好きだと
本人に伝えたら、
お、それは本物だわ〜〜と
ドヤ顔で褒め称えられました。

何がどういう意味で本物なのかはさておき、
日奈子に喜んでもらえたみたいなので
とりあえず嬉しかったです。
わーい やったーー
みんなも買おうなー


れな