鉄コン筋クリート千秋楽

若月佑美

無事に終了しました。

もう少し!なんて思う位が逆に
次への活力になのかなと、、
腹8分目と同じかな。
それ位が良いのかもしれない。

それでもやっぱり
何事も終わるのは寂しいです。

実は今回の舞台、
稽古初日から千秋楽までの日数合わせても
意外と少なくて...

なのに
これだけ濃くて去りがたい
そんな現場に出会えたのって最高です。

凄い方々に囲まれて
向上心の大切さとお芝居の奥深さと難しさと面白さと学びが無い日がありませんでした。

正直、今回の舞台のキャストの皆様とスタッフの皆様と原作鉄コン筋クリートの素晴らしさを語り出したら止まらんですわ。全部ずっと言える。

支えられまくって、助けられまくって
優しく温かく囲んでくれるカンパニーでした。

また新しい私で
共演出来ますように。頑張ろう。

とりあえず、クロの役作りで
猫背にしてたのを直す作業をしなきゃ。


では、私はゆっくりと
静かな日を迎えます。

マラソンで
ゴールテープが見えたら
少しスピードを上げるでしょ、
力全部振り絞ったろ!って...
そんな感じの日々でした。

戦いまくっていた毎日から
急にパタリと静かになると逆に
心がザワザワするね。

それもまた素敵。

では、今日も良い一日を。

あんしん、あんしん。

三戸シロの言葉に若月クロは毎日
心打たれて救われてました。
最高の相棒でした。