鳴沢摩耶

久保史緒里

皆さまこんにちは。

久保史緒里です。

最近、風邪が流行っておりますが、
体調の方はいかがでしょうか...
手洗いうがいにマスクなどなど
小さなことでも
予防をして皆様風邪をひかぬように
お気をつけください(´・_・`)

さて

あっという間という言葉を呟く間もなく、
 ザンビ がついに明日初日を迎えます。

今回私は、
 鳴沢摩耶     (なるさわ まや)
という女の子を演じさせていただきます。

非常に愛おしい。愛おしい。
そんな女の子です。
自分と重なるところがあって。
摩耶の気持ちに寄り添えたらなと思いながら
毎日を過ごしてました。
あー愛おしい。それに尽きるのです。
そんな摩耶を演じられることが、
素直に嬉しいです。感謝感謝。
精一杯の気持ちを込められたらいいなと思います。

そして、今回のザンビを通して。

大好きな人がこんなにも沢山増えるなんて。
本当に大切すぎる方々と、愛で溢れた舞台。

個人的に、今回の舞台では、
今までやったことのない新しいことに、
いくつか挑戦させていただいています。
壁にぶつかることも沢山あったけれど、
こうして明日を全員で迎えられそうなことが
この上ない幸せです。

本番では、
この舞台に携わってくださる
全ての方への恩返しができたらいいな。
そして、そんな皆様にとって、
忘れられない舞台になったらいいな。
なんて思っています。

やる気も楽しみも緊張も
全部がもれなく100だけど、
寂しさがちょぴっと心に住んでる。

1公演1公演、
噛み締めて、大切に、楽しみながら、
舞台に立てたらいいなと思います。

シングルキャストの皆様。
連日の2公演、
体もお疲れが溜まってしまうことと
思いますが、どうかお怪我なく、
全員で笑顔で
千秋楽を迎えられたらなと思います。
本当にいつもありがとうございます。
千秋楽までどうか宜しくお願い致します。

チームBLUEの皆様へ。
大好きです。とても。とても。
それぞれの個性が強いBLUE。
だけどそれがすごく居心地よく
ふわふわした何かを生み出していて...
だからこそお芝居とのギャップに
鳥肌が立つほどゾクゾクワクワクしてます。
千秋楽まで、
全員で全力で駆け抜けられたらいいな☺︎
本当に言葉をまとめるとみんなのことが
大好きなのです。
友香さん、守屋さん、としちゃん、めみたん、
そしてみなみん。
明日からも宜しくお願いします!

そしてチームREDの皆様。
いつも、お稽古を見ながら、
学ばせていただくことだらけでした。
同じ舞台に立つことはできないけれど
ザンビを一緒に盛り上げていけたらいいなって
思います!!!
沢山仲良くなれて久保は嬉しいです。
千秋楽まで応援しています!!
そして気持ちは一緒でありたい!!
明日からも宜しくお願いします!

最近私を見つけると走って抱きついてくる。
可愛いね(´・_・`)
もう本当に最近妹みたいなのね。
繊細なところこそがなおちの良さよね☺︎
ずーっと一緒にはいられないからこそ
悩みがあるときすぐに側にいてあげられない
けれど、会った時には
いつでも飛び込んできなされ!!
ザンビ、チームは違えど頑張ろうね☺︎☺︎

告知をさせていただきます。

◯11月14日 b.l.t.graph. 様

以前お伝えしていた
楽しかった撮影とはこのことで。
なんと有難いことに、
念願のb.l.t.graph.様でソログラビアを掲載させていただいております。
偶然にも私が昔から行きたかった地に
連れていってもらいまして、
笑顔の絶えない撮影でした。
帰りのバスまで楽しかったなあ。
富士山の形のメロンパンも食べました。
ずーっとお話しさせていただいて、
インタビューでも、自分の思いの丈を
ありったけに伝えさせていただきました。
発売中です。
是非、宜しくお願い致します!

◯11月15日 EX大衆 様

吉田と、初めて対談させていただきました!
嬉しかったなぁ...吉田と一緒にお仕事できました。いつもの調子で笑い転げていたので、
何話してたのかなって自分でも気になります。
でも割と真面目な話もしっかりと。
吉田の存在のありがたみを再確認できました。
彼女はやっぱり素晴らしい人です。
いつも本当にありがとう。
EX大衆さんにまた出られたのも嬉しいな。
面白い対談になっていると思います。
本日発売です。
是非、宜しくお願い致します!

出会いに感謝。
この舞台とこの舞台に携わってくださる
全ての方との出会いに感謝。
また一つ素敵な出会いを経験しました。

まずは明日の初日!
頑張ります☺︎
宜しくお願い致します!!!

BLUEにとっては全8公演。
全力で駆け抜けます。
宜しくお願い致します。


よろしくね☺︎☺︎☺︎

また書きますね。

久保史緒里

生まれ変わってもまた自分になりたい。
そう思える人生を歩みたいな。
それに尽きる気がしました。