セーラーマーキュリー

伊藤理々杏

こんにちは!!!

伊藤理々杏です( *˙︶˙*)ノ

9月30日、「乃木坂46版ミュージカル美少女戦士セーラームーン」遂に大千穐楽を迎え無事に完走しましたー!!!!!!

5月頃から稽古が始まり、6月公演、9月公演をしっかり終えることができてまずはホッとしています。

でもやっぱり5月から生活している中でずっとセーラームーンの世界があったのでやっぱり寂しい気持ちもあります。

最初は本当にプレッシャーや不安に押し潰されそうだったし、元々あるキャラクターを演じるのも初めてで壁がいくつもありました。

でも乗り越えてこれたのは沢山の優しいスタッフさんやキャストの皆さん、チームSTAR、チームMOONの皆さんのおかげです。

特に同じチームでずっとやってきたMOONの皆さんには沢山お世話になりました。

先輩方には最初はあんまり接点が無くて話した事が少なかったから不安もあったり緊張したりしてました...実際。笑

でも今では、一緒にいるとホッとします。
舞台で緊張していてもMOONチームの皆がいると考えると落ち着くし楽しんでやろうと思えました!

樋口さんはヴィーナスそのままで可愛らしさと優しさで全て包み込んでくれるような方です。
アンダーライブも近くて並行して色々やるのが大変だった時も「大丈夫〜?」って抱きしめてくれて「りりーならできるよ」って言ってくださって...。本当に心が暖かくなりました。

能條さんはやっぱり舞台での経験も豊富なので舞台の面で「ここはこうしよう」って言ってくださる方で、沢山助かりました。でもちょっとした言動が凄く面白くて、そのおかげかチームの雰囲気が一切重くなったことがなく終えることができたと思います。

高山さんはいると周りが不思議とあたたかくなるような方だなと思いました。セーラームーンへの愛が人一倍強くて、公演を重ねる度にレイちゃんらしさが増していっていて近くで見ていて凄いなと思いましたし自分も頑張らなきゃと刺激にもなりました。

やまはやっぱり凄い人です。

セーラームーンという役にずーっとずーっと四六時中向き合って寝ずにどうしたらもっといいお芝居になるか、セーラームーン、うさぎちゃんに近付くか考えていました。

やまの事だからめちゃくちゃ色々なものを1人で背負い込んでいたんじゃないかなって勝手に考えててセーラームーンの期間はちょっとでも支えられたらいいなって思ってたんだけどどうだったんだろう、笑

沢山悩んだり苦しむ姿を近くで見ていたし、その分どんどん進化していく姿も近くで見ていました。

自分が凄く大変だって思ってもやまの方が頑張ってるなって考えたら自分なんか小さく思えてもっと頑張ろうって思えたんです。勇気もらいました。やっぱり凄いアイドルだねやまは。笑

こんな素敵なチームの中に自分はいてもいいのかなって思えるくらいチームにいるのが凄く楽しかったです。

チームSTARの皆さんやキャストの皆さんも沢山助けてくださって本当に楽しかった!嬉しかった!幸せだった!!

終わった実感が湧かないくらいなんだか変な感じです。セラミュがないということが。

そのくらい自分の中で大事なものでした。

水野亜美ちゃん、セーラーマーキュリーとして舞台で生きれて本当に良かった!!!

素敵な人生の思い出になりました。経験になりました。

応援して下さった皆さん。キャスト、スタッフの皆さん。チームSTAR、チームMOONの皆さん。

本当にありがとうございました!!!!!!!



頭を冷やしてお仕置きよ!!!!!!!!