楚々

鈴木絢音


宮下奈都さんの『羊と鋼の森』を読み終えました。

最近、音楽を題材とした文学作品に触れる機会が多いのですが、作者の方によって音の表現方法が異なるので、読むたびに言葉の奥深さと面白さを感じます。

音楽と文学の相性、抜群に良いですね。


『羊と鋼の森』、そして以前紹介させていただいた『ピアノのムシ』という漫画作品、どちらも調律師を題材とした作品です。

実は私、幼い頃ピアノを習っていましたが、自宅にあったピアノは電子ピアノだったので、調律師の方のお仕事を間近で拝見したことがありません。

今、一番気になっている職業は調律師。鈴木絢音です。



さて、舞台「けものフレンズ」2~ゆきふるよるのけものたち~のビジュアルが解禁となりました。

出演させていただくにあたり、佐々木琴子ちゃんと2人で複数の媒体様から取材を受けましたので、情報が解禁になりましたら、お知らせさせていただきますね。





そして、9月29日は個別握手会でした。

22枚目は仙台で握手会が開催できず、秋田出身の私としてはとても残念ですが、東北の皆様にも活躍をお届けできるように頑張りますので、今後とも応援よろしくお願いいたします。

東北の皆様、そして、東北までお越しくださった皆様、ありがとうございました。